猫背を治すならこの筋肉をケアしよう!

ついつい丸まってしまう背中。

気がついたら猫背になっているなんてことはありませんか?

 

猫背になっていると肩こりが酷くなったり、頭痛になりやすかったり、呼吸が浅くなってしまいがちです。

 

そんな猫背を本気で治したいという方には一度当院で診せて頂きたいのですが、なかなか時間が作れないという方のために、猫背解消のためにストレッチしておくべき筋肉を紹介します。

 

 

大胸筋

大胸筋は胸部の筋肉で、一見すると猫背となんら関係がなさそうに思えますが、大胸筋が固く縮こまってしまうと、肩が内側に巻き込んでしまう「巻き肩」と呼ばれる状態になり猫背に発展しやすくなります。

デスクワークでパソコンのキーボードを打ち続けるだけでも大胸筋が緊張しやすくなります。

もちろん、肉体労働で大胸筋を酷使させるのも猫背になりやすいので気をつけましょう。

 

広背筋

広背筋は背中の大きな筋肉ですが、この広背筋も大胸筋と同じく「巻き肩」になりやすいと言われている筋肉です。

日常生活で腕の使い過ぎや肩を動かすことが多い方がご注意です。

 

胸鎖乳突筋

胸鎖乳突筋は首の筋肉で、耳の後ろから首の前面を通り、鎖骨や胸骨に付着します。

この筋肉が固くなってしまうと頭部が前のめりになってしまい、首猫背と呼ばれる姿勢になってしまいます。

デスクワークする時につい顔を画面に近づけてしまったり、スマホを見る際に顔が下に向きがちな方に多く見られます。

 

またストレスによる緊張を受けやすいと言われてますので、ストレスの蓄積が胸鎖乳突筋を固くさせることもあります。

 

 

以上、猫背を治すならケアをしておきたい3つの筋肉を紹介しました。

ご自身の生活習慣や仕事環境でこれらの筋肉が猫背の影響を受けている可能性が高くなっています。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

練馬区上石神井で猫背・肩こり・首痛・頭痛を治すなら上石神井かえで整体院にお任せください。

 

ホットペッパービューティーに当院も掲載中!ご予約もこちらから!

https://beauty.hotpepper.jp/CSP/kr/reserve/?storeId=H000486891&ch=1&vos=cpshbkprocap0140516003

 

LINEでも予約が可能!ご質問も随時受付中です。

https://lin.ee/ytvHZWz

 

整骨院 ホームページ制作

Scroll Up